2013年7月7日日曜日

Androidアプリ開発環境セットアップ

下のページを参考にUbuntuで環境を整えました.

初心者のためのAndroidアプリ開発

WindowsだとGUI操作がやたらとあって大変ですが,Linuxなら全部コマンドでいけるのですごく簡単です.

1.JDKのインストール

$ sudo apt-get install default-jdk

2.Eclipseのインストール

$ sudo apt-get install eclipse
$ sudo apt-get install eclipse-jdt
$ sudo apt-get install eclipse-emf
$ sudo apt-get install eclipse-emf-sdk
$ sudo apt-get install eclipse-xsd
$ sudo apt-get install eclipse-xsd-sdk

3.Android SDKのダウンロード

$ cd #ホームディレクトリに移動しておく
$ wget http://dl.google.com/android/android-sdk_r22.0.1-linux.tgz

注意:最新版を入手したい方はこちらからダウンロードしてください.

4.アーカイブを展開する

$ tar zxvf android-sdk_r22.0.1-linux.tgz

5.ディレクトリの名前を変更する

$ mv android-sdk-linux android-sdks

5.~/android-sdks/toolsと~/android-sdks/platform-toolsにパスを通す(.bash_aliasesとかに書いておくと便利.)

$ export PATH=$PATH:$HOME/android-sdks/tools
$ export PATH=$PATH:$HOME/android-sdks/platform-tools

6.Android SDKのインストール(GUIアプリを起動しても良いが,これもCUIでいける)

$ android update sdk --no-ui

7.エミュレータを立ち上げる

$ android avd

GUIでちょこちょこ操作して起動する.


8.Eclipseにプラグインを追加して,再起動,動作確認.

(a)Eclipseを起動する.
(b)Help >> Install New Software... を選択
(c)Addをクリックして,Locationにhttp://dl-ssl.google.com/android/eclipse/を追加する
(d)チェックを入れてNext,Next,Finishでインストールが完了するまで待つ.
(e)Eclipseを再起動する
(f)File >> New >> Other >> Android Aplication Projectを選び適宜選択してプロジェクトを作成
(g)Run >> RUn
(h)Hello world!が表示されれば完了







0 件のコメント:

コメントを投稿