2017年10月8日日曜日

Raspberry Pi の画面出力先を古いスマホにしてみた.【DispmanX VNC】


早い話が Raspberry Pi で VNCサーバーを起てて,Android の VNCクライアントでアクセスしたというお話.
DIY的にスマホ分解して HDMI入力できるようにしたよって話ではないので,目的が違う人はごめんなさい.

iptables の設定を systemd で読み込む

以前,以下のようなエントリーを記したが,

WM×LI: Raspberry Pi をルーター&無線LANルーター化する

起動時の設定を cron の @reboot で読み込むのは,最終手段なので(というかダサいので),systemd を使用して iptables の設定を読み込むように修正する.

まず,今回設定したいiptablesの設定は以下の通りだ.

iptables -t nat -A POSTROUTING -s 192.168.100.0/24 -j MASQUERADE
iptables -t nat -A POSTROUTING -s 192.168.200.0/24 -j MASQUERADE

iptables 設定の保存/再設定には,iptables-save コマンドと iptables-restore コマンドを使用する.

2017年9月27日水曜日

HHKB 20周年記念ユーザーミートアップ に参加してきた

9/23(土)に秋葉原のUDXで開催された,HHKBの誕生20周年記念イベントに参加してきました.


会場に並べられた歴代のHHKB


大学4年生のときに研究室で HHKB lite2 に出会ったのが,2012年4月.
それから,お金を貯めてついにPro2を買ったのが,2014年1月.当時の記事はこちら.

今でも職場にHHKBを持ち込んで,Haapy Hacking Life を満喫しておりますが,正直に言うと,名古屋在住の私がこのイベントに参加するのはかなりハードルが高かった!

2017年8月9日水曜日

暗黙ルールを駆使した Makefile の雛形

Makefile には知る人ぞ知る暗黙ルールがたくさんあるので,今回はそれを紹介したいと思う.

例えば,main.c というソースをコンパイルする Makefile を普通に書くと以下のような感じだが,
main:   main.o
    gcc -o $@ $<

main.o: main.c
    gcc -c -o $@ $<

実はこんなに長ったらしく書かなくても,ただ単に
main:   main.o

と書くだけで十分である.両者の実行結果はそれぞれ以下のようになる.(それぞれ上下が対応)

2017年6月11日日曜日

Raspberyy Pi を Subversion のリポジトリサーバにして,systemd で自動起動するように設定する.

仕事ではソースファイルの管理をちゃんとしているのに,趣味で作ったプログラムはほとんど何もしていなかったので,Raspberry Pi で svnserve を起動して管理することにした.

まずは,ラズパイ上で Subversion のパッケージをインストールする.
# apt install subversion

2016年12月23日金曜日

今更ながら,UEFI 環境での grub-install と update-grub 方法

長らく BIOS派 だっただ私も,一年半くらい前にパソコンを買い換えたときに突然 UEFI環境 に変わり,Windows と Ubuntu のデュアルブート環境を構築するのに手間取り,あれこれと調べまくった苦い思い出がある.

UEFI 関連では,GPT の話とか色々と思い出されるが,それについは以下の記事を参照していただくことにして,
WM×LI: 【Linux】HDDにパーティションを作成する.(GPT編)


今回は,UEFI環境 での grub-install と update-grub の方法について書きたいと思う.(今更!)

BIOS だったころは,概ね以下のような感じで grubローダー のアップデートができたはずだ.
# grub-install /dev/sda
# update-grub

2016年12月21日水曜日

初のトラックボール.Kensington Expert Mouse Wireless Trackball 開封レビュー

タイトル通り.初めてトラックボールを購入してみました.

購入したのは,トラックボール界では有名なケンジントンというメーカーの製品で,その中でも1・2を争う人気シリーズExpert Mouseのワイヤレス仕様です.

届いて,まず最初に驚いたのがその大きさです(下の写真).注文前からサイズ等はネットで調べていましたが,いざ実物と対面してみると,これまでマウスしか使ってこなかった自分にとっては圧倒的な存在感です.