2012年11月29日木曜日

【Ubuntu12.10】LaTeX環境を整える【簡単】

12.04からアップグレードした時は,LaTeX環境がだいぶ変わって面倒なことになったなと思いましたが,試行錯誤を繰り返しているうちに,Ubuntu12.10では今までとは打って変わって,LaTeX環境を整えるのが果てしなく簡単になったことがわかりました.

インストールするパッケージはなんた,たったの一つ.

$ sudo apt-get install texlive-lang-cjk

で終了です.

これで,platex,dvipdfmxが使えるようになります.

さらに,日本語のdviファイルを開くには,

$ sudo apt-get install xdvik-ja

で日本語用のxdviをインストールしたら,

$ pxdvi-xaw hogehoge.dvi

でおk.

非常に簡単になりましたね.

しかもUbuntu12.10からはtexファイルにunicode(utf-8)が使えるようになりました.

今までは euc-jpn しか受け付けなかったので,非常に助かります.

13.04以降で改悪されないことを願います.






2 件のコメント:

  1. xdviを実行すると、文字化けが出てきます、どうやって、解決しますか?

    返信削除
    返信
    1. 僕も以前同じ状況に陥りました.

      どうやら余分なパッケージがインストールされると発生する現象のようなのですが,どのパッケージが影響しているのかまでは特定できませんでした.
      また,LaTeX関係の全てのパッケージをアンインストールして,一からやり直してみましたが解決には至りませんでした.

      結局OSをインストールし直して,記事にある2つのパッケージのみをインストールしたら文字化けしなくなりましたが,OSを再インストールするのが手間な場合はpdfまで変換してevince等で確認するのが妥当かと思います.

      削除