2012年11月29日木曜日

ビックカメラの株主優待券が届いた

ビックカメラから株主優待券が届きました。

普段は売買に利用している銘柄なのですが、たまには配当と優待もらってみようかという気分になり、8月中旬に一株だけ残して残りを売却した形で優待を受けました。


ビックカメラの株は、4万円前後の投資で、年間4千円(配当+優待)もバックしてくれる、言わずと知れた人気株です。



そしてそして、ビックカメラSuicaカード所有者でもある僕は、密かにビックカメラさんを応援していたりもします。

今年は新宿にビックロがオープンしたり、コジマを買収したりと割とホットな話題が多かったですね。(寒い話題も結構ありましたが・・・。営業利益減とか)

基本的に家電は通販で買ったほうが良いご時勢ですが、ポイントも含めて考えるならば、たま~にお店で買ったほうがお得だったりするので、店員さんとお話する楽しみもあり時々遊びに行きます。


さて、この優待券の利用方法。選択しとしては

・普通に使う
・金券ショップで売却


の二択でしょう。売却価格の相場は920~930円ぐらい・・・。そこで一つの疑問が沸く。

「優待券で買った場合ポイントはどうなるのか!?」

そこでビックカメラのIR情報ページを参照してみる。

株主様お買物優待券は、金券等当社が指定する一部の商品を除き、当社におけるお買上げ代金のお支払いにご利用いただけます。その際、差額の釣り銭はお渡しできません。
※株主様お買物優待券のご利用金額に対してビックポイントはつきません。
※有効期限を過ぎた株主様お買物優待券はご利用できません。
※Suica併用でのお支払いや代金引換配送ご利用時など、お支払方法によりご利用に一部制限がございます。詳しくはお近くの店舗までお問い合わせ下さい。


はい。解散ー。

通常10%のポイントが付くので、90%以上の売却価格で十分という計算になります。

有効期限付きの優待券なので、早いほうが良いだろうってことで、明日金券ショップに持っていきます。

【追記】

金券ショップに持って行ったら、買取価格は850円だと言われてしまいました。
つまりお店で使ったほうがお得ということ。

結局、売っちゃったんですけどね。(せめて900円ぐらいにして欲しかった)






0 件のコメント:

コメントを投稿