2014年7月21日月曜日

【Linux】文字コードや改行コードを変換して上書きする.【nkf】

文字コードや改行コードを変換するときは nkf コマンドを使用する.

$ nkf オプション input.txt > output.txt

主なオプションは以下の通り.

【文字コード】
-e        :EUC-JPコードに変換する.
-j        :ISO-2022-JPコードに変換する.
-s        :Shift_JISコードに変換する.
-w        :UTF-8コードに変換する.

【改行コード】
-Lm       :CRに変換する.   (Mac OSの標準)
-Lu       :LFに変換する.   (UNIX系のOSの標準)
-Lw       :LF+CRに変換する.(Windowsの標準)

【その他】
-g        :現在の文字コードを判別する.
--overwite:上書きする.



(例)文字コードを Shift_JIS に変換する
$ nkf -s hoge.txt > fuga.txt

(例)改行コードを CF に変換する
$ nkf -Lm hoge.txt > fuga.txt

(例)文字コードを自動判別する
$ nkf -g hoge.txt

(例)文字コードを UTF-8 に,改行コードを LF に変換し元のファイルを上書きする.
$ nkf -w -Lu --overwrite hoge.txt

(誤)--overwriteを使わずに,入出力に同じファイル名を指定すると,空ファイルになるので注意.
$ nkf -w -Lu hoge.txt > hoge.txt

0 件のコメント:

コメントを投稿