2014年1月5日日曜日

HHKB Professional2 が届いた.




ついに念願のHappy Hacking Keyboard Professional2を購入しました.

タイプは墨色,無刻印モデルです.


一昨年にHHKB lite2を研究室で使い始めてから,その使いやすさに魅入られ,かねてから欲しいと思っていましたが,ついに重い腰を上げてポチりました.




使い始めて30分ぐらいはlite2との微妙な配置の差(lite2よりキーの数が少ない)に戸惑いましたが,慣れてくれば全く違和感なく打てるようになりました.

そして慣れてくるとたまらないのが,その打ちやすさ.明らかにタイプミスが減ります.
静電容量無接点方式バンザイ!


またlite2ではケーブルが備え付けでしたが,Pro2ではminiUSBで接続するタイプになっています.




この仕様だと机の上を広く確保したい時にも,サッと外して別の場所に置くことができるので非常に便利です.

さらに,キーボードの裏の爪も2段階で調節できるようになっているので好みに合わせて使用することができます.

私は爪は出さずに使う派なので,関係ないですが.




lite2と並べて見ると,横サイズはほぼ同じ.縦サイズはpro2のほうが若干小さ目です.




高さは爪を出さない状態ではほぼ同じ.爪を出すとlite2の方が少し高い感じです.




唯一,欠点だと思っていたのは矢印キーが無いことでした.

下の写真のようにpro2には矢印キーが備え付けられていないので,
Fnキーとの組み合わせて矢印を使うことになります.

これに慣れるまでが,なかなか大変でした.




しかし,一度慣れてしまえば,矢印キーすら下を見なくても押せるようになるので,最終的には作業効率が上がるという仕掛けです.

欠点だと思っていましたが,全然そんなことはありませんでした.



あまりにも打ちやすいので,タイピング速度も上がるのでは!?と期待しましたが・・・


e-typingの結果ではlite2の時とほとんど変わりませんでした.

前回がpro2,今回がlite2の結果です.多少タイプミスが減ってるのかな?



そんなわけで,HHKB Pro2の紹介でした.今日で冬休みも終わりで明日からまた研究漬けの毎日ですが,このキーボードで頑張っていきたいと思います.






0 件のコメント:

コメントを投稿