2013年12月26日木曜日

/var/cache/apt/archivesを削除する.

一週間ほど前にOSを再インストールしたのだが,その時の構成が以下の通り.
16GB・・・swap
14GB・・・/
 2GB・・・/tmp
 2GB・・・/var
64GB・・・/home


いつもは/varを5GBぐらい取ってるのだが,それだと/homeが足りなくなったので2GBまで減らした.

ログインして,いつも通り必要なソフトをインストールしようと思ったら,/varが足りなくなって途中からインストールできなくなった.

「うわっ!OS入れなおし!?」

と思ったけど,とりあえず/varの中で何が容量を食っているのかチェック.

$ sudo du -sh /var/*

とすると大半が/var/cacheであることが判明した.

cacheなら削除できそう.と思ったがいきなりディレクトリごと削除するのは危険すぎる.

もうすこし階層をたどってみて削除できそうなら削除しよう.ということでさらに深く潜り,どれを削除すべきか吟味した.結果から言うと,容量をバカ食いしてたのは

/var/cache/apt/archives

つまりapt関連だ.これを削除すればいいのか?とググってみると,ちゃんと削除用のコマンドが用意されていた.(これで安心して削除できる)

$ sudo apt-get autoclean

$ sudo apt-get clean

上の方を実行してもあまり容量は変わらなかったが,下の方を実行すると圧倒的に使用量が減った.

各パーティションの容量を確認するには

$ df -h

を実行すれば良い.実行すると/varの使用量が33%まで落ちていた.

つまり,これからは/varは2GBじゃなくて,1GBでも大丈夫そうだ.

また一つ勉強になった.




0 件のコメント:

コメントを投稿