2013年10月24日木曜日

ツインエクス ES4815Pを購入.

愛用していたBraun製のM-90が壊れてしまったので,髭剃りを新調した.


髭を剃っている最中に外刃が折れてしまった.



今回購入したのはPanasonic製のES4815P.


携帯用のポーチと掃除用のブラシが付属している.



初めて買った髭剃りがM-90だったので2代目になる.

選んだポイントとしては

・携帯性に優れること
・電池で稼働すること
・水洗いできること
替刃があること



鏡を見なければ剃り残してしまうほどに髭が濃いわけではないので,
いつもパソコンをいじりながら自室で剃っている.

そのため大切なのは余分なコードが無いことと,無駄に置き場所を取らないこと

M-90で十分満足していたので,これからもずっと使っていくつもりだったが刃が折れてしまったので,今回は替刃が売っていることも選ぶポイントに追加した.


M-90(左)とES4815P(右)を並べてみた.


ES4815P(上)の方が一回り小さい.



使ってみた感想としては,M-90を買った時にも感じたことだが,
やはり携帯用のシェーバーで十分.ということ.

そこまで髭が濃いわけではないのに大きな髭剃りを
使っている人は色々と損していると思う.

さらにES4815Pは二枚刃ということもあり,
M-90と比べて心なしか剃り心地も良くなった気がする.




しかし携帯性という意味ではブラシが本体に収納できるM-90に軍配が上がる.
(M-90は携帯用ポーチがすら必要ない)

またM-90にはキワゾリ刃が付いていたが,ES4815Pには付いていないことも残念.

壊れてしまったのが外刃のみなのでキワゾリ専用としてM-90も併用することになるかもしれない.

なにわともあれ,M-90が壊れてしまってから3日間剃っていなかった髭をようやく剃ることができたので非常に満足である.






0 件のコメント:

コメントを投稿