2013年7月28日日曜日

DeNAのサマーインターンシップ(TechStuDIG)の二次選考を受けてきた.

今日はDeNAのサマーインターンシップの二次選考(個別面接)を受けてきた.


一次選考については下を参照
WM×LI: DeNAのサマーインターンシップ(TechStuDIG)の一次選考を受けてきた.



直前になってトラブルが発生し家を出るのが遅れてしまい,時間ギリギリに渋谷ヒカリエのオフィスに到着.でも間に合ったことにホッとしたおかげか,あまり緊張しないで面接に臨むことができたので結果オーライ♪

オフィスに着くと前回と同様に数名の受験生がすでに待機中.
椅子にかけるとすぐに担当の人に名前を呼ばれて面接室に連れて行かれました.

面接の部屋はグループ面接で使用した部屋と全く同じ造りの部屋.
座って待っていると,時間ピッタリに一人目の面接官がやって来ました.

とても気さくな人で,めちゃくちゃ話しやすかった.(この人当たりだ!)

面接の内容は45分間で自分が今までやってきたことを話すというもの.
一人目の面接官が終わったら二人目の面接官が来て,同じ内容で再び45分間.

なかなか濃いメニューですね.

と言っても,45分間話し続けるわけではなく,面接官に色々と質問されてそれに答えるという形式なのでそこまで恐れることは無い.

本当のこと言うと面接の内容は事前に調べて知ってたんですけどね.(ネットってホント便利)
自分の記事もこれから二次面接受ける人に少しでも役に立てれば光栄です.





やってきたことについては,色々と候補を挙げて,自分の場合はその中から面接官の人が選んでくれました.候補に挙げたのは,

・卒論の研究内容
・バイト
・部活(中・高・大)
・高校の学校行事


といった感じ.まあ,あっちとしても聞く内容はだいたい決まっていたのでしょう.無難に研究とバイトの話になりました.

さっきも書きましたが,本当に話しやすい人で,どんどん引き出してくれるので気持ちよく話すことができました.ただ,45分間という長丁場なので内容についてもかなり詳しく質問されました.ひと月前に論文を書いたばかりだったので,研究内容についてはスラスラ話せましたがうろ覚えだったとしたら結構ヤバかったです.

まあ事前に調べて知っていたので抜かりはない.と言いたかったのですが,どこが一番苦労したのかというオーソドックスな質問で戸惑いました.

なぜなら全部苦労したから.めちゃくちゃつまずいた場面も,すんなり進んだ場面も無い.どこも一様に同じぐらい難しくて,同じぐらい努力した.ダイジェストなんて無理ゲー.

と言うわけにもいかないのでなんとか適当にやり過ごしました.

研究内容とか話し始めると,自分の場合はパソコンネタが出てくることは必須なので,Linuxの話もちょこちょこ登場.バイトの話は,努力したことや,工夫したことについて話しました.

そんなこんなで意外とすぐに45分間が終了.一人目が出ていき,二人目が来るのを待機.この時点ではなかなか手応えを感じていたが問題がひとつ・・・.話す内容がもう残っていなかった.





二人目の面接官は一人目とは打って変わって,少し静かな感じで自分はちょっと苦手なタイプ.

技術系の人ということで,(人事の人以外も面接するんだ!)と少し驚いた.

(というか,よく考えてみれば一人目も人事というわけではなかった.)

そして再び45分間のトークタイムに入るも,話す内容が残っていなかったので,ほとんど前半の繰り返しみたいになってしまった.しかも二回目だからといって,うまく説明できるわけでもなく,逆に自分がどこまで話したのか一人目とごっちゃになってしまい,すごく伝わりにくい説明に・・・.

唯一良かったのはLinuxの話題になった時にちょっと技術的な話題に触れられたこと.本当に「ちょっと」でしたが.

そんなわけで,結局45分経つ前に「そろそろ時間なので・・・」とか言われる始末.

(お,落ちた・・・)

とグループ面接の時と同じ感想を抱いて面接終了.終了後はオフィスの出口付近まで面接官の人が付き添ってくれてそこで,お礼を言ってオフィスを後にしました.





一次選考のときは,一緒だった人とビール飲みに行きましたが,今回は一人だったので少し遅目の昼ごはんを食いに行きました.

食べログで良さげなところを探し出して,「喜楽」というラーメン屋に行く事にしました.さすがに食べログで高評価なだけあって美味しかったです.別に自分は食通でもラオタでもないのですが,外でラーメン食べて美味しいと感じることは珍しいので大満足です.

その後,研究室に行って,授業の課題を少し進めて帰宅.

一次選考の結果はその日のうちに出ましたが,二次選考の結果はいつくるのかしら.

【追記】

二日後の本日二次選考の結果が出ました.残念ながら,今回は見送りということで.

(前略)

慎重に検討させて頂きましたが、この度は『StuDIG/TechStuDIG2013』への
参加を見送らせていただくこととなりました。

(中略)

○○ □□様のご健康と今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

ふむ.これがお祈りメールというやつか.(メールではなかったが)

最初から落ちると思ってたけど,意外とショック.
まあ気持ちを切り替えて次のインターン申し込む.







0 件のコメント:

コメントを投稿