2013年4月30日火曜日

プログラムのソースコードをLaTeXに埋め込む方法.

レポート作成などでプログラムのソースコードを埋め込むことが時々ある.

そんな時は,下のように書くことでソースコードにどんな記号が含まれていようと,LaTeXのコードとは認識されずに綺麗に表示される.

\documentclass{jsarticle}
\begin{document}
    \begin{verbatim}
        ソースコード
    \end{verbatim}
\end{document}

しかし,ソースコードが書かれたファイルもローカルにあるのに,いちいちコピーするのは面倒だし,変更するたびにコピーし直すなんてダサすぎる.

直接,読み込んで埋め込む方法はないかと思ったが意外と簡単に見つかった.


TeX文書にプログラムのソースを埋め込む | その他(ソフトウェア)のQ&A【OKWave】

verbatimというパッケージを読み込むと\verbatiminputというコマンドが使えるようになるらしい.

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{verbatim}
\begin{document}
    \verbatiminput{source.c}
\end{document}

しかし,このままでは文字サイズが大きすぎて冗長ぎみになってしまう場合が多いし,見た目があまり良くない.そこで,

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{verbatim}
\begin{document}
    {\scriptsize
        \verbatiminput{source.c}

    }
\end{document}

などとして,文字サイズを小さくしたり,

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{verbatim}
\begin{document}
    \begin{itembox}[l]{source.plt}
        {\scriptsize
            \verbatiminput{source.c}

        }
    \end{itembox}
\end{document}

などとして,枠で囲うと見栄えが良くなる.

また,\verbatimや\verbatiminputにアスタリスクを付けて,\verbatim*や\verbatiminput*とすれば,半角スペースが可視化される.






1 件のコメント:

  1. コードを挿入する機能、探していました。
    ありがとうございました。

    返信削除