2013年1月15日火曜日

sl をインストールした.

$ sl
プログラム 'sl' はまだインストールされていません。 次のように入力することでインストールできます:
sudo apt-get install sl

ls と打とうとして sl と打ってしまう.UNIXユーザなら一度はやったことがあるでしょう.僕も一日に一回はタイプミスしていると思います.

そして,そのとき表示されるメッセージは

コマンドが見つかりませんではなく,まだインストールされていません.

使わないプログラムはインストールしない派なのですが,ちょっと気になったのでインストールしてみた.

$ sudo apt-get install sl -y

そしていざ sl を実行すると,


slの実行画面

予想外過ぎて笑った.slってSL(蒸気機関車)かよ.



で,この話のオチですがslWikipediaで調べると簡単に答えが出てきます.それによれば




UNIX系OSにおいて、ls は最もよく使われるコマンドであるが、lsコマンドを実行しようとしてslとミスタイプすることがしばしばある。そのような場合、コンピュータは「sl」という存在しないコマンドを求めてシステムを全検索してしまい、70年代から80年代当時の処理能力の遅いコンピュータではそれにしばらく時間がかかり、作業が中断してしまうことがあった。そこでそれを防ぐため、「sl」と言う名のダミーのプログラムを用意することがあった。

このslも、そういったダミープログラムの一つであるといえるが、ミスタイプによってロスする時間(現代においては殆ど一瞬である)よりも、SLが走り抜けるのを待っている時間のほうが長いなど、ジョークプログラムとしての性格が強い。

Ctrl+Cでも停止できず、数分間も延々とSLが走っている姿を見させられるため、嫌がらせに近いと評価する者もいるが、学生時代の豊田准教授は本ソフトのマニュアルにおいて「高度に発展した、キータイプ矯正を目的とするアニメーションプログラムである」と主張している。




やっぱりみんな打ち間違えるんだな!

使わないプログラムはインストールしない派だけど,こいつはもう初期インストールリストに加えるしかない.

というかそもそも使わないプログラムじゃない.僕はこいつを一日に一回は起動することになる.






0 件のコメント:

コメントを投稿