2012年1月10日火曜日

Dell Streak(001DL)でテザリングをしてみた

イオンSIM(980円)を購入してから毎日、快適な低速インターネットライフを楽しんでいます。
が、同時にWi2 300を解約してしまったのでPCを使って外でネットに繋ぐことができず、時々(本当に時々ですが)困っています。


テザリングできたらなぁ。でもroot取るのは嫌だなぁ・・・。


しかし!


調べてみると、Dell Streakはrootを取らなくてもテザリングが可能らしい!?



(テザリングをONにするメニューがデフォルトでは表示されていないだけとか)



さっそくWidgetsoid2.xをインストールし、テザリングをONにしてみると、PCの無線LANであっさり接続できました。(もちろん100kbpsですがw)

このままだとオープンでセキュリティ的に問題があるので、Mobile AP Shortcutをインストールして、WPA2のパスワードを設定。

PCでも難なく再接続。これにて一件落着。

途中で切断されることもなく、なかなか快適に使えてます。

(速度は最初から割り切って使っているので)

問題は電池消費量が半端無いことぐらいですね。






余談ですが、イオンの980円SIMがかなり凄い勢いで売れてるみたいですね。
しかも購入者の大半は上級者だとか。

もともとマイナーなプランだから当たり前と言えば当たり前ですけどね。
電話が使えないので否応なしに二台持ちになるし。


そして、そして。これを受けて、docomoも春ぐらいから128kbpsで1380円/月のプランを出すとか何とか。

え!?

一体、何を考えているのやら。イオンSIM使ってる奴なんて、遅くてもいいから、とにかく安くを追求してるに決まってるのに。+28kbpsに400円も追加で払う馬鹿なんていないでしょ。少なくとも俺には魅力が感じられない。

てか128kbpsで1380円/月ってそもそもそんなに割安じゃなくね?

そもそもイオンSIMは1000円以下ってのが魅力な訳だが・・・。

それとも他にも素敵なメリットがあるのかしら?






0 件のコメント:

コメントを投稿