2013年11月17日日曜日

DTI ServersMan SIM LTE 100からIIJmio BIC SIMに乗り換えた.

一年以上使い続けてきたDTIからBIC SIMに乗り換えました.

OCNとどちらにするか非常に迷いましたが,

  • 公衆無線LAN Wi2 300が使えること
  • 余ったクーポンは翌月に繰り越せること

などの理由からBIC SIMにしました.



サインアップ

まずは,https://www.iijmio.jp/start/にアクセスする.



電話番号とパスコードを入力する画面が表示されるので,SIMと一緒に台紙に挟まれているSTART PASSを確認して入力する.正しく入力できていればプラン選択画面に移るので,今回は一番安いミニマムスタートプランを選択した.


プランを選択すると,IIJmioのログイン画面が表示される.私はIIJmioの会員ではないので新規登録を選択.


メールアドレスを入力すると認証番号がメールで届くので,その番号を入力すると名前や住所などの個人情報を登録する画面に移る.さらにクレジットカードの登録へと進み最後にIIJmioのログインパスワードを入力する.

しかし,このパスワードが最大で8文字しか登録できない.仕方がないので,普段あまり使いそうもない記号を混ぜてできるだけ不正ログインされないようなパスワードを設定した.(これ不正にログインされたらクレジット番号バレるよな・・・)

追記:ログインIDがメールアドレスではなかったので簡単には不正ログインされないかもしれません.


会員登録が済むと再度契約プランの見直しがあり,利用規約に同意すると晴れて契約完了となった.



SIMを挿入しAPNを設定する

一度スマートフォンの電源を切って,現在使用中(DTI)のSIMを抜き,IIJmioのSIMを挿入する.

使用している機種はXperia acro HDなので,標準SIM対応機だが,将来を見据えてmicroSIM+変換アダプタで利用している


電源を付けて説明書の通り,APN,ユーザ名,パスワード,認証タイプを入力または選択する.



新しく保存したAPNを選択するとアッサリ接続されて電波のところにHの文字が表示された.


クーポン切り替えアプリ

Google PlayでIIJmioと検索すると切り替え用のアプリがヒットするのでインストールする.
(非公式の切り替えアプリもあるようだが初回なので公式アプリを利用した)


ログインIDとパスワードを入力してログイン.


切り替えボタンとクーポンの残量のみが表示されたシンプルな構図でなかなか好印象.
クーポンは日割り計算ということで(本日は16日),250MBもらえました.



スピードテスト

早速スピードテストしてみました.
テストに利用したのページはこちら:http://www.musen-lan.com/speed/

(アプリをインストールするのは面倒だったのでブラウザ上でテストした)

クーポンOFF

クーポンON



なにこれ・・・.イオンSIMとDTIで二年以上も鍛えられた自分からすると信じられない速さです.クーポンOFFでも十分すぎるほど速い.(深夜ということもありますが)



というわけでザックリIIJmio BIC SIMのレビューでした.

それにしても早くLTE対応機種が欲しい.




2 件のコメント:

  1. DTIはここ数日、低速200k↑出るようになってますよ。
    メインで楽天エントリープラス使ってますが、これをUNEXTのダブルフィックスにして
    DTIとの二枚持ちにする予定です。

    返信削除
    返信
    1. DTIのSIMを挿してスピードテストしてみたところ,確かにそれぐらいの速さが出ていました.今まで3桁届くことも稀だったので驚きました.解約時期見誤ったかもしれません.

      情報提供ありがとうございました.

      削除