2013年9月7日土曜日

E-PM1用の三脚とワイヤレスリレーズを購入した.

先月末に学会で福岡まで行った際,空いた時間で長崎まで足を伸ばして観光してきた.

そのとき撮った写真の一部.


九十九島(展海峰より)


海と空(大村線より)


夜景(稲佐山より)

上の2つは,まあ良いとして夜景は拡大してみると残念ながらブレている.そこまで遅いシャッター速度でなくても手でカメラを支える限り,私の技術ではこれぐらいが限界のようである.

せっかく世界三大夜景の長崎に行ったのに,これではあんまりだ.
三脚とリレーズが絶対に必要だ!と痛感したので,帰ってきてから早速注文した.

注文したのは

三脚:HAKUBA 4段三脚 W-312
リレーズ:ワイヤレスレリーズ電波式RM-UC1-680044

三脚は安すぎるので若干不安だったが,予想していたよりはるかに頑丈だった.
一眼レフの大きなデジカメだと支えきれない場合があるのかもしれないが,E-PM1なら全く問題ない.

一番高さを低くした状態

ワイヤレスリレーズは,予想以上にコンパクトにまとまっており好印象.

箱の中身は非常にシンプルでした

残念ながらマニュアルに日本語は無し.

マニュアルに日本語表記は無し

とは言っても,そこまで難しいマニュアルではないし,最悪,英語を読めばなんとかなる.
またウラ面には非常にわかりやすく写真で説明付き.

写真を見るだけでほとんどの操作は確認可能

それでは早速,取り付け開始.

受信機,送信機それぞれに単四電池*2が必要.Eneloopは残念ながら単四*2しか持っていないので,とりあえず二本はそれ(水色).残りは付属の電池でまかなう.

奥:受信機,手前:送信機

ワイヤレスリレーズを装着し,三脚に乗せるとこんな感じ.形だけはいっちょまえになった気がする.

Xperia acro HDにて撮影

せっかくなので,三脚,リレーズを装着したまま,ISO感度が非常に高い写真と,シャッター速度を遅くすることでISO感度を抑えた写真を撮影し比較する.

ISO1600,F5.6,露出時間1/6秒


ISO250,F5.6,露出時間1秒

ISO250の方が細部が細かく表現されていることがわかるが,露出時間が1秒となっており,三脚無しではとても戦えるようなシャッター速度でない.

実際に撮影してみると,リモコンも非常に感度が良いことがわかった.もう鬼に金棒だ.

(鬼ってのは三脚で,金棒はリレーズです.そして撮影者はボンクラです)






0 件のコメント:

コメントを投稿