2013年3月14日木曜日

Tabキーによるファイル名補完時に大文字と小文字の区別をなくす

例えば,Desktopに移動する際

$ cd /home/user/De

などと打ってから,Tabキーを押して

$ cd /home/user/Desktop

とファイル名を補完して移動すると,入力する手間を省ける上に打ち間違えも防げるので便利であるが,大文字のDを打たなければいけないのが若干面倒臭い.

小文字で

$ cd /home/user/de

と打っても,補完候補にDesktopが含まれると更に利便性が上がると以前から思っていたが,調べてみると非常に簡単にできた.

ホームディレクトリに .inputrc というファイルを作って

set completion-ignore-case on

と書き込むだけで良い.

全てコマンドで行うならば,

$ cat > .inputrc
set completion-ignore-case on
ここでC-dを押す

といったところだろう.

Shiftキーを押す回数が圧倒的に減るので,より操作が速くなることが期待できる.






0 件のコメント:

コメントを投稿